抗鬱剤の効果とは

抗うつ剤を飲むことで得られる効果

抗うつ剤は、うつ病の回復のためには必要不可欠なものです。 よく、世間では「薬に頼ったら、自分の弱さを認めることになる」と言って、抗うつ剤を飲むことに抵抗を示す人がいますが、これは大きな誤解であると言えます。 うつ病の原因はストレスとよく聞きます。確かにストレスも要因の一つではありますが、あの病的な気持ちの落ち込みの直接的な原因は、脳内環境のバランスが崩れてしまったことにあるのです。 そして、その崩れてしまった脳内環境を元の状態に戻すのが、抗うつ剤の役割なのです。 抗うつ剤は、効果が現れるまでには時間がかかります。 また、抑うつ症状が消えたからと言って服用を勝手にやめるようなことは、してはいけません。 焦らず、医師の指示を守って、根気良く飲み続けましょう。

副作用と、注意すべきこと

抗うつ剤には、世間でよく誤解されているような依存性はありません。 しかしながら、脳内のターゲットになる神経伝達系だけでなく、他の神経系にも作用してしまうため、時として副作用が現れることがあります。 よくある副作用としては、口の渇きや便秘や排尿障害、眠気や胃腸障害などが挙げられます。 その他にも、抗うつ剤を投与し始めた早期や薬の増量期には不安や焦燥感や衝動性が高まるといったことも起きる場合があるので注意が必要です。 そして、うつ病が完全に治らない大きな原因の一つとして挙げられるものに「もう薬を飲む必要はない」といった自己判断による服薬の中止があります。 自分では治ったと思っていても、その時点ではまだ脳内の神経伝達系のバランスは不安定な場合が多いものです。 再発を防止するためにも、薬の服用をやめたくなったら、必ず医師に相談することをおすすめします。