保険の適用

保険の適用によって負担が軽減される

抗うつ剤は基本的に高価な傾向にあります。まず、薬にも様々な種類のものがあり、安価なものもありますが、あまり見かけることはないです。あるとしても非常に軽い症状へ対応するものです。しかし、症状が軽い場合は、薬に頼らずに治すことは容易に近いことなので、購入する人は少ないです。 精神病にも色々あり、薬も色々あります。そのなかでも、抗うつ剤の種類は非常に多く存在します。抗うつ剤のうちレクサプロという薬が最も高価であるのされています。一ヶ月分で、10割負担額だと6000円を超えます。その他だとばらつきはありますが、基本的には3000円程度です。しかし、どんなに高価な薬でも、保険が適用されるので、全てを支払う必要はありません。

医学者による研究の成果

精神病を薬で治療するという考えから生まれた抗うつ剤は、利用者も沢山います。薬に頼らず治療をするという取組みは積極的に行われていますが、症状が重いと薬も必要になってくる場面も多いです。正しい服用によって完治が期待できるものとして人気があります。 抗うつ剤の歴史は1950年頃から始まりました。うつ病についての理解が深められたのもこの頃です。当時、まだうつ病という言葉が存在しておらず、病気についても未解明でした。しかし、ある医学者がそのことについて深い研究を進め、うつ病を発見しました。抗うつ剤が登場したのは、そのすぐ後のことです。当時は副作用も多く出ましたが、その後も研究を重ね、より安全な薬の開発に成功しました。現在も多く使用されている薬の原型です。

薬の種類と効果について

抗うつ剤は、うつ状態の軽減を目的として処方されます。現在用いられている抗うつ剤には、三環系、四環系、SSRI、SNRI、MAO阻害薬などがあります。 三環系抗うつ剤は、強い効き目のある薬ですが、その分副作用も強く、眠気、口渇、便秘などが現れることがあります。緑内障や前立腺肥大の既往がある患者さんや高齢者に処方する場合には注意しなければなりません。 四環系抗うつ剤は、三環系に比べ副作用が比較的少なく、効き目も穏やかです。 SSRIやSNRIは、現在主流となっている抗うつ剤です。効果は今までの抗うつ剤と変わらず、副作用の出現率が少ないと言われています。そのため十分な量を十分な期間服用することができ、高い治療効果を得られるのです。 MAO阻害薬は、ある種の患者さんにはよく効くことが知られていますが、副作用が多く現在日本では流通していません。 いずれの薬も、中途半端な服用や自己判断は大変危険で病気を長引かせてしまいます。医師の指示のもとにきちんと服用することが重要です。